加齢臭を消す方法


関連サイト

女性の加齢臭





加齢臭というと男性の「オヤジ臭」と思いがちですが、読んで字のごとく男性にも女性にも起こり得る減少です。

加齢臭というだけあって年齢をおうごとに変化する体の機能と大きく関係しています。加齢臭の元になっているものって何でしょう?それは皮脂に含まれている脂肪酸の仲間でノネナールという成分です。



これは9−ヘキサデン酸と過酸化脂質の増加が引き起こすものなのですが、普段汗をかいていると発生するような体臭とは違う独得なニオイをしています。

9−ヘキサデン酸と過酸化脂質という物質は若い人の皮脂ではほとんど存在せず、年齢と共に増加していくので子のことから「加齢臭」という言葉が出てきたと言われています。

男性の場合だと40代から、女性の場合だと50代からノネナールが増加していくようです。体質によっては若くしてニオイが発生してしまう人もいるらしいです。

加齢臭を防ぐにはこのノネナールの発生をストップさせないといけませんね。過酸化脂質…ようは酸化してしまった脂質がニオイのもととなるわけですから、酸化した脂質をきれいに洗い流すことが重要になります。

よく体臭をうまくカモフラージュするために香水やコロンを使う人がいますが却って逆効果。

若い人にもやたら香水やコロンの匂いがきつくて敬遠されることがありますが、ニオイの元になる所をケアしておかなければ結局はニオイを解決したことにはなりません。

消臭効果の高い石鹸やきれいに洗い流す石鹸をチョイスしてニオイの元を除いてあげることに終始したほうが早道でしょう。

ニオイの元をきちんと洗い流しても体臭を強める体のままでは解決までには時間がかかります。たばこ、飲酒、食生活、ストレスなど生活の全般をチェックすることも大事です。

体の生理機能や内蔵の機能の低下につながる因子は加齢臭を強めてしまう原因にもなるのです。

年をとったからと年齢だけが原因なのではなくて、加齢とともに衰える体の機能を余計に低下させる原因を自ら招かないように注意したいものです。





女性の加齢臭の元


加齢臭になる成分ノネナールが元になって悩める体臭が発生するのだということがわかりましたが、これはホルモンのバランスと関係が深いようです。

女性の場合は閉経後くらいから発生する率が高いということからも、それはなっとくできますね。

ただこれにも個人差があります。その時の体の状態、それまでの生活習慣や体の機能のことなどからも加齢臭の度合いが強かったり、気にならないほどの程度の人もいるのではないでしょうか。女性の場合腸内環境の状態とも大きく関係しているようです。

女性はもともと便秘になりやすい人が多いです。女性特有の体の形や妊娠出産、ホルモンのバランスが様々に変化することで腸内環境のバランスも不安定です。腸内には食事の際の食べ物のカスが溜まっています。

人間の体温はちょうど腐敗しやすい環境を作ります。腸内で腐ってきた食べ物のカスは悪臭を放ちます。腸内環境が正常であればこの時点で便になってニオイもいっしょに排出されますが、便秘となると悪臭成分は腸内にとどまってはおらず、腸壁から吸収されて血流に乗って全身へ回るので、汗や息が臭うという減少をもたらします。

もともとある加齢臭に上乗せしてしまうような状態になってしまうのです。また加齢臭という年齢でもなく更年期やストレスを抱えてもいない女性は便秘が原因で大衆や口臭がキツイという人もいるのではないでしょうか。

自分では気づきにくいという口臭や体臭はまず便秘解消、腸内環境の整備は必要ですね。
加齢臭を何としても食い止めたい、年齢をおうごとに気になる加齢臭対策にはニオイの元を断ち切るための消臭効果の高いボディソープや石鹸でノネナールをしっかり洗い流すこと。

そしてさらに便秘が引き起こす臭いを断つためには、野菜や食物繊維、ヨーグルトなど善玉菌、腸内細菌に働きかけてくれる食べ物を積極摂取して生活習慣を整えることが大事です。

この取り組みは決して加齢臭対策にとどまらず、エイジングケアにも結び付くものです。体臭だけでなく「老けない体つくり」で頑張りたいものです。

加齢と共に弱る関節。関節痛に関するサイトです。

http://関節痛サプリ.jp/